4月8日の練習

今日のブログ担当、チューバパートのいずみーるです。

前回のブログでトロンボーンの藤田さんが
楽器を始めて20年と書いてあったので、
自分もいつから楽器始めたか思い出してみるとチューバを始めて17年経っているようです。

シンパで楽器歴が一番長い人は誰なんでしょうか?意外と年長者とも限らないですから、分からないですね。


今日は定期演奏会後の初練習でした!
本番から3週間経っているので、久しぶりに楽器を吹く人もいたんじゃないでしょうか?
自分は卒業した高校の定期演奏会にエキストラで演奏してきたので、練習がない間もがっつり楽器吹いていました!


さて、今日から次の演奏会のオータムコンサート向けて練習開始です・・・・ではないんですね。

4月14日に町田市鶴川にある花の木保育園さんに訪問演奏させて頂く事になっているという事で、訪問演奏へ向けての1回目にして最後の練習になりました。


この訪問演奏ですが、社会人によくある「仕事の都合」という事でどうしても演奏に参加できない団員が数名います。
その中で、なんと指揮者がどうしても仕事の都合がつけられないという事で、今回の訪問演奏は指揮者なしでの演奏になります!

今こそシンパのアンサンブル力が問われる時です!


今日の練習はリズムの基礎練がありまして、楽譜のリズムを一人2小節づつ手拍子で叩くというものでした。この練習は全員のテンポ感を合わせる目的で行っていましたが・・・かなり緊張します。
難しいリズムではないのですが「全員が聞いているところで一人で叩く」ので、普段楽器を吹くのと違ういやーな緊張感があるのです。自分も緊張して間違えました。ちょっと悔しいですね。


そして今日は5人も見学者が来てくださいました!次回以降の練習も見学者が続々と来る予定だそうで、たくさん見学者が来て入団してもらえると嬉しいですね!