2017.03.04

3月4日の練習

こんにちは。合奏で話に出てきた「志茂田景樹」が頭に出てこず年齢差を感じずにはいられなかったトロンボーンパートのおばっちです笑(顔写真を見たらちゃんと見たことがある人でした。確かに頭が似てましたね・・・)

いや~それにしても前回のブログはなんというか・・・詩人シムタクさんといったところでしょうか。まるで読む人をその場にいたかのように錯覚させるような言葉の巧みな使い方でした!そんなシムタクさんはお酒を飲むとまた違った一面が見られるとか見られないとか・・・次の飲み会が楽しみです!!(個人的にもぜひ)

さてさて、シムタクさんがすっ飛ばしたサックスパートのなべさんから出ていたお題を今日で消化しましょう笑 

確か「シンパでの思い出話」でしたね。実は僕自身シンパに入団してからまもなく4年の月日が経ちます。高校卒業してからインターネットで探して偶然出てきたシンパにそのまま見学→即入団させていただき、今日ここまで本当に楽しく楽器を吹くことが出来ているなと思います。そんな僕の「シンパでの思い出話」ですが、数年前あったトロンボーンパートの小騒動や指揮者をシンパでやらせていただいていた時のことではなく、楽器にまつわる思い出話を少しします。

トロンボーンは神聖な楽器として大昔から使われてきた楽器で、(上手な人が吹けば)とても綺麗な音色を出すことができます。しかし、それと合わせて大きな音量が出ることも魅力の1つじゃないかなと思っています。僕自身は綺麗な音色も好きですが、シンパに入ってからはより一層バリバリガツガツ吹くトロンボーンの音のほうが好きになりました笑 たぶん過去にシンパのトロンボーンパートにいたバリバリ系でなおかつ音色も綺麗な方の影響ですかね・・・。その方と一緒に吹いた曲の中でも、特に2014年のサマコンや定期演奏会で演奏した「ガリバー旅行記」や「ロス・ロイ」などはトロンボーンがバリバリするには十分すぎるほどの曲でした。何故かはわかりませんが、必ずシンパは演奏会1回ごとに1曲はトロンボーンバリバリ系が入っているので非常に吹いてて気持ちが良く楽しく吹くことが出来ています!笑 最近はもっと綺麗な音のままバリバリふけるといいな~と思い、ちょっとずつ自主練も頑張ってます・・・本当にがんばります・・・

長くなってしまいましたが僕の思い出話はここらへんで・・・。次のバスパートさんへのお題はシンパの演奏会に初めて来るお客さんに向けて「シンパの演奏会の『ここ見てポイント!』」を語ってください!!どうやらバスパートからはついにあの大物がブログを書くそうなのでお楽しみに!!

 

【Trb:おばっち】


Simpatia Wind Orchestra 第8回定期演奏会

◾︎2017年3月19日(日)

会場:海老名市文化会館 大ホール

時間:14時00分 開演 (13時30分 開場)

※開場と同時にロビコン実施予定(13時30分〜13時50分)

◾︎入場無料・全席自由 ◾︎未就学児入場可(親子室有り)

 

【曲目】

セドナ、グリーン・スプラッシュ・マーチ、

カンタベリー・コラール、アイヴァンホー

SAKURA / いきものがかり、スペイン、千と千尋の神隠しハイライト

他 数曲